群馬、五つ星ホテルに泊まろう! 四万温泉「温泉三昧の宿 四万たむら」

●12月10日(日)

源泉湯の宿 松乃井をチェックアウトした後、ペッパーくんに紹介してもらった月夜野びーどろパークに立ち寄ります。



職人さんの製作風景などを見ることができます。




その後、道の駅「月夜野矢瀬親水公園」へ。



焼き芋をいただきましたが、トロトロマイウ~♪です!




続いて、道の駅「たくみの里」へ。



ここで昼食をいただきます。










最後は道の駅「中山盆地」




本日のお宿はこちら。
四万温泉「温泉三昧の宿 四万たむら」です。


なんとも重厚感のある玄関!



玄関を入ると、下足番のおじちゃんが待っていてくれます。



こちらはロビー。



こちらはラウンジです。



今回の宿泊プランには、こちらのスィーツとドリンクが付いています。
チェックインまでの時間をこちらで過ごします。




こちらのお宿、σ(^▽^) の大好きだったドラマ、「温泉へ行こう 4」で撮影されたお宿で、その重厚さから、ぜひ1度訪問したいと思っていました。

※拡大画像あり



さて、時間になったのでお部屋へ。仲居さんに連れて行ってもらいます。



なんと、二間続きのお部屋です。



部屋のお風呂はこちら。

ちょっと汚れが・・・(カビか?)


こちらは洗面。



トイレ。




それではさっそくご自慢のお湯をいただくことに!

こちらは美肌の湯『岩根の湯』。




ちょっとぬるめで、のんびり入れます。


蒸し風呂も併設。




こちらは檜風呂『御夢想(ごむそう)の湯』






脱衣室からは庭園露天風呂『甌穴(おうけつ)』に出ることができます。







大浴場『甍(いらか)の湯』


男性大浴場の上が女性大浴場になっていますが、男性大浴場の一部の天井がなく、女性大浴場から男性大浴場を見下ろすことができます(いやぁ~~ん♪)


幻の湯『竜宮』

男性大浴場から外に出ると、そこから竜宮の湯に下りることができます。

女性は飲泉場から行くことができますが、脱衣室などはありません。(おまけに混浴となります。)




たむらといえばここ、露天風呂『森のこだま』です。



一旦外に出て、建物沿いの通路を歩きます。



いよいよ森のこだま入口。



女性浴場は上、男性浴場は下になります。



滝を眺めながら入れるお風呂です。



お風呂は思ったよりも小さい感じでした・・・



さて、お楽しみの夕食です!
メニューはこちら。

※拡大画像あり


美味しそうなお料理がずらぁ~り!









夜になり、ライトアップされて綺麗です。






森のこだまの滝もこんな感じに。




朝食はバイキング。







さて、チェックアウト。
またいつか来たいですね~!




帰宅途中、以前に入浴回数券をいただいた根古屋城温泉「根古屋乃湯」に寄り道します。

しかし・・・

あらららら・・・


今日は月曜日・・・お休みのようです・・・


うん、人の気配がまったくない・・・




昼食は関越道に入り上里SAで。












これは美味い!




楽しかった2泊3日の旅も、こうして終わりました。

群馬、五つ星ホテルに泊まろう! 水上温泉「源泉湯の宿 松乃井」

ついに12月。1年の中で、なんとなく気持ちも忙しくなる月です。

そんな中、温泉でのんびり過ごそうとお出かけしてきました。



●12月9日(土)

地元ICから東名、それから圏央道へ。


狭山PAで休憩。



ちょっとエネルギーチャージ!




関越道に入り、上里SAで昼食にします。



σ( ̄▼ ̄*) やっぱり肉食怪獣ですね~!(笑)



嫁さまはつけ麺。

ちょっと期待はずれなお味・・・



関越道を再び走ると、高速道路上に道の駅の案内があります。
なんでも、途中で下りても、再び乗りなおせば下りなかったことで料金請求されるんだそうな。

ということで、高崎玉村スマートICで途中下車。


道の駅「玉村宿」に立ち寄ります。



ただ、この途中下車の有効時間は1時間だそうなので、急いで戻らなければいけません。


水上インターで関越道を下り、道の駅「みなかみ水紀行館」へ。


こちらには電気機関車が展示されています。



ようやく「源泉湯の宿 松乃井」さんに到着。



玄関では「みなちゃん」と「かみちゃん」がお出迎え(嘘)



ペッパー君もお出迎え(本当)



さっそくフロントでチェックイン。



ロビーはすっかりクリスマスの装いです。



さて、こちらが今回のお部屋。



広々和洋室です。






冷蔵庫にはあらかじめ飲み物が入っていますが、持ち込みドリンクも若干入れるスペースはあります。



こちらは洗面。



トイレはウォシュレット。



お風呂はなく、シャワースペースとなります。



お茶請けのお饅頭。



さすがは巨大ホテル。お風呂が分かりづらい・・・(TOT)



こちらは火あかりの湯。




さて、めぐり湯回廊を通って次のお湯へ。






こちらは貸切風呂。



その隣に蛍の湯。


こちらのお風呂は、時間で男女入れ替えとなります。


大浴場、月明かりの湯。




さて、お楽しみ、夕食の時間です
ヘ(^^ヘ))))… …((((ノ^^)ノ ウヒョヒョ



夕食はバイキング。



ステーキ、天ぷら、お寿司はライブキッチンです。









朝食もバイキング。


なんでも揚げパンが名物だそうです。

のんびり過ごし、10時にチェックアウト。

修善寺温泉「ブリーズベイ修善寺ホテル」に泊まってきたよ♪

11月19日から1泊2日で修善寺温泉『ブリーズベイ修善寺ホテル』に泊まってきました。


まずは小田原フラワーガーデンに寄り道です。



ちょうどローズフェスタが開催中で、薔薇が見ごろを迎えていました。












こちらは、昨年の人気投票で1位だった『ディズニーランドローズ』です。


名前だけで1位決定って感じですね (^○^)



昼食はこちら。


US6というステーキ屋さんです。


σ( ̄▼ ̄*) はハラミステーキ。




嫁さまはリブポーク。





さて、ようやくホテルに到着。 



チェックインまで時間があります。荷物をフロントに預けて、ちょっと散歩。



竹林の小径を歩きます。





















ぶらぶら歩いて独鈷の湯まで来ちゃいました (≧∇≦)/




ホテルに戻ってチェックイン。
荷物は既に部屋に運んでくれたそうです。(預けておいて良かった~♪)



ここ、修善寺ホテルは、初代社長が岩を掘って作ったお風呂が有名です。(今は経営母体が変わって、ブリーズベイグループになってしまいましたが。)

その名残の品が、フロント奥のロビーに飾られています。



それがこれ。ドリル一式です。




私たちは散歩に行きましたが、散歩をしない方はここでチェックインまで時間をつぶします。



コーヒーや紅茶を飲むことができます。(もちろん無料です)



アイスコーヒーまでありました。




さて、お部屋に向かいます。
なんと、一組一組をホテルの方が案内してくれます。


2階にあがって、渡り廊下を渡ります。



竹林の廊下を歩いて・・・



アジアンテイストの廊下をいくと、部屋があります。




私たちの部屋は和洋室。






いやぁ~ベッドはありがたい!



トイレはウォシュレット。



ユニットバスです。




さて、お風呂に向かいましょう!

まずは桂谷岩風呂へ。
この橋を渡って行きます。










脱衣室。鍵付きのロッカーがあります。











こちらは貸切露天風呂。




そしてこちらがこのお宿自慢の厳窟風呂。



この崖をくり抜いて作ったお風呂です。



脱衣室はかなり狭いです・・・^^;



ものすごい湿気で、カメラも曇ります (T△T)








さて、お待ちかね夕食の時間です。







ミニ会席とバイキングのお料理。




飲み放題プランだったので、これらのお酒が飲み放題です。
















ソフトドリンクだって飲み放題!




夕食のあとは腹ごなしにカラオケ。60分無料です。





翌朝。朝食もバイキング。



朝カレーをいただきましたが、ちょっとスパイス効きすぎ・・・




10時前にチェックアウトをして、おなじみの東京ラスク伊豆ファクトリーでお土産を購入して、帰宅となりました。

●ブリーズベイシーサイドリゾート熱海に泊まってきました!

台風が近づく22日、熱海にお泊りに行ってきました。


ホテルは幹線道路から脇道にそれ、超急坂を上りきったところにあります。

※写真は、ホテル側から幹線道路側を撮ったものです。


どれだけ急坂かというと、雪が降ったら気持ちよくシュプールを描けるくらいです。



ホテルはこちら。



チェックインの15時に1時間早い14時に到着。

とりあえず手続きをさせていただきます。


2階に上がったところにくつろぎスペースがあります。




コーヒーや紅茶、お茶、冷たいさわやかドリンクなどが振る舞われます。



あら♪デザートまで♪



さっそくいただきます!




お部屋はこちら。
12畳というとても広いお部屋を用意していただきました。




こちらは洗面所。



トイレはウォシュレット。



お風呂はユニットバス。




貸切風呂は3つあり、くつろぎ処やお風呂の前にある行燈が点灯していたら利用中、消灯していたら利用可です。




こちらは伊豆の湯。


内風呂と露天風呂がつながっています。







こちらは天狗の湯。


なにやらトンネルがあります。


トンネルを抜けると、そこは半露天風呂。




そして


振り返ると


そこには




・・・・・


なるほど・・・天狗の湯ね・・・





岩の湯はこちら。



こちらもトンネルらしきものが。



こちらは普通に半露天風呂です。



まぁ、伊豆の湯が一番いい感じかな?



大浴場はこちら。





今回の宿泊プランは、500円プラスするとアルコール飲み放題となるプランでした。



σ( ̄▼ ̄*) ソフトドリンクも飲み放題になると思い申し込みましたが、ソフトドリンクはもともと飲み放題でした・・・

嫁さまはしっかりアルコールをいただいていたので、まぁよしとしましょう。



食事はミニバイキングと



舟盛り付きのミニ会席料理でした。




ミニバイキングが20種類と、ちょっと少ない感じでしたが、お味はなかなか良かったです。




朝食もバイキング。


やっぱり種類は少な目・・・



朝食の後は、男女入れ替えになったもうひとつの大浴場をいただきます。





11時チェックアウトのところを、10時ちょい過ぎには退館。


お昼は小田原まで戻り、ちょっと気になっていたこちらのお店に立ち寄ります。







スープとサラダをいただきながら、お料理が出来上がるのを待ちます。



ママさん一人で切り盛りしているので、1つ出来上がったら次にとりかかる、という感じです。


まずは嫁さまのパスタが出来上がりました。




嫁さまが食べ終わってしばらくして自分のが完成。

デミグラスソースのオムライスです。



なかなか美味しかったので、また機会があったら行ってみようと思います。

【爆安ホテル宿泊記】 伊東園ホテルズ 大仁温泉「大仁ホテル」

先日の宿泊記を動画にしました。

伊東園ホテルズ 大仁温泉「大仁ホテル」

爆安ホテル、中部の雄、伊東園グループのホテルにお泊りしてきました。

今回は伊豆半島の入り口、伊豆の国市にある大仁温泉「大仁ホテル」です。

7日(金)にお休みをいただき、嫁さまの実家の用を済ませ出発できたのは、午後も2時過ぎ・・・(T.T)


ホテルに着いたのは、午後4時半過ぎ。





お部屋はこんな感じで、お布団も用意されています。




こちらがお部屋に入ってすぐにある洗面所。




トイレはウォシュレットです。



しかし・・・ここでハプニングが・・・


トイレの電球の球が切れていて、電気が点かないことが判明・・・
フロントに電話をし、交換を待っている間に夕食の時間が迫ってきてしまい、到着早々のお風呂はお預けとなってしまいました。



ちなみにお部屋からの眺めはこんな。



高台にあるホテルのため、見晴らしは抜群です。

お部屋や露天風呂から富士山を眺めることができるのが売りのホテルですが、この日は残念ながら見るとこはできませんでした。



夕食は、午後5時20分からの第一部と、午後7時からの二部制。

私たちは第一部でいただきました。









蟹だってあります。




呑み助さんには嬉しい!アルコールも宿泊料に含まれていて、飲み放題です。










午後8時から貸切風呂を予約。






源泉掛け流しのお風呂を堪能しました。



午後10時からは貸切カラオケを予約。



伊東園ホテルには無料で歌えるカラオケもありますが、こちらは貸切ではなく、皆さんで仲良く利用しなければなりません。

しかし、1室1,080円で貸切もあったので、こちらを利用しました。


入室してビックリ! (☆o☆)

なんとも・・・そこは・・・スナックのようなカラオケルームではありませんか!?

こんな広い部屋を2人だけで使うとわ!?



翌朝、6時半に起床。まずは朝風呂へ。








朝の連ドラ「ひよっこ」を見終わった後、朝食へ。










食事を終え、館内をぶらぶらしていると、2部屋目の無料カラオケルームを発見。



ちょっと覗いてみると、おやま!?誰もいないでわありませんか!?



ということで、1時間ほど熱唱。



ここで大仁ホテルのご紹介。

なんと、伊東園ホテルグループになる前は、高級旅館だったらしく、長嶋茂雄さんも滞在したことがあるそうです。

※拡大画像あり



※拡大画像あり



そんなご縁で色紙もあります。

※拡大画像あり

なんでも鑑定団に出したら、いくらの値がつくんでしょうか?(笑)


そんな長島さんも愛した高級旅館、伊東園グループになったおかげで、一人8,034円で泊まることができました。

群馬の名湯に泊まる♪(その2)

2月18日(土)

伊香保温泉を発って、続いて向かったのはこれまた群馬の有名どころ、四万温泉です。



駐車場はこちら。
残念ながらキャンピングカーは駐車禁止です。



今回はNBOX+での訪問なので大丈夫。



四万温泉にはいくつかの共同湯があり、こちらはそのひとつの「河原の湯」です。



この河原の湯、なんと無料で入浴することができます。


さっそくお風呂をいただきます。

少し熱めですが、気持ちいいお風呂です。




その後、温泉街を散策し昼食。









その後、積善館におじゃまして、入浴料1200円をお支払いし、立ち寄り湯をいただきます。
CIMG1756.jpg



こちらには、昭和5年に建てられた「元禄の湯」があり、この大正浪漫を感じるお風呂がいただけます。
CIMG1759.jpg

この扉を開けると、もうそこは浴室 ヽ(^o^;)ノ
壁沿いに置かれた棚が脱衣スペースとなります。




続いて岩風呂へ。


入口は男女別々ですが・・・


お風呂は一緒・・・そう、嬉しいかな 混浴のお風呂です。




お風呂をいただいたら、歴史を感じるべく館内を少し散策。

















さて、本日のお宿は伊東園ホテル「四万」さん。




チェックインは15時からですが、その前でも部屋の準備ができていればチェックインして部屋に行くことができます。




部屋には既に布団が敷かれています。




トイレ。




洗面所。




お風呂は部屋にはありません。



カラオケは無料で利用できます。



しかし大部屋で他の宿泊客と仲良く使うため、人見知りのわが家はパス。





そんなわけで、お風呂に向かいます。




飲泉所もありますが・・・




残念ながら故障中・・・




名湯、四万温泉のお湯を堪能します。









夕食はバイキング。





















貸切風呂もあり、予約不要で、空いていれば自由に利用できます。




しかし・・・なかなかタイミングが合わず・・・いつも使用中・・・




何回か様子を見に行き・・・おおおっ!?ようやく空きになりました!!



貸切風呂だから、てっきり4人くらいが入れるスペースかと思っていたら、かなり広いじゃないですか~!?
















朝食もバイキング。











本来はチェックアウトが12時ですが、少し早い10時にはチェックアウトします。


8,250円/人でした。





その後、ホテルの近くにある共同浴場「御夢想の湯」に行きました。



こちらも無料で入浴できます。



大人二人がせいぜいの浴槽ですが、とても気持ちいいお風呂です。




群馬の名湯、2湯を堪能した旅行でした。

群馬の名湯に泊まる♪(その1)

2月17日の金曜日にお休みをいただき、群馬の名湯にお泊りで行ってきました。


8時過ぎに自宅を出て、市内で朝食。
その後、東名から圏央道、関越道で群馬を目指します。



寄居PAで寄り道して、おやつタァ~イム!




上里SAで休憩して、デザートタァ~イム!!




関越道渋川伊香保インターで下り、道の駅「こもち」へ。




ここで昼食をいただきました。

σ( ̄▼ ̄*) はオーソドックスに天ざる。



嫁さまは珍しくかつ丼。



この宣伝文句にやられてしまったようです(笑)




しかし、ご自慢のかつ丼だそうですが、なんだか味が薄っ・・・




本日の目的地、伊香保温泉に到着。




河鹿橋を渡り、露天風呂に向かいます。




さて、こちらが伊香保温泉露天風呂。


入浴料450円をお支払いし、お風呂へGO!

ここはその名の通り露天風呂しかありません。

浴槽が2つに仕切られていて、片方はぬるめ、もう片方はやや熱めとなっています。



その後、伊香保の温泉街を散策。










途中、このような懐かしいお店もあります。



最上部には伊香保神社。


(私たちは、最上部の駐車場に止めていたので、いったん下まで降りて、また登ってきたことになりますが。)






再び露天風呂近くにあるこちらの飲泉所に寄り、温泉をいただきました。




本日のお宿はこちら。伊香保温泉「旅館 ふくぜん」さんです。



こちらがフロント。








お部屋はこちら。



ありゃりゃ・・・ピンボケ・・・




さて、荷物を下ろしたら、さっそくお風呂へ。




最上階(6階)にある内風呂のみです。




お風呂からの眺めはこんな感じ。




お楽しみの夕食はこちら。
なんと、部屋食です。 (v^ー°)





朝食も部屋食。








豪勢な気分を味わって、7,050円/人(「ゆめやど」のクーポン利用)でした。



その2に続く

親孝行をしよう!(その2)

2日目のお宿はこちら。

伊東温泉「伊東園ホテル本館」です。








さっそくお部屋に。


すでに布団が敷かれています。


トイレはウォシュレット。



こちらは部屋風呂。




ここ伊東温泉には、伊東園グループのホテルが3館あります。それもすべて近くに。

ということで、荷物を下ろしたところで系列ホテルのお風呂巡りに出発~!

※拡大画像あり



まずは伊東園ホテル別館。














続いては伊東園ホテル松川館。








松川館は道路を挟んで向かい合って建っています。

※拡大画像あり


その2つの建物は、道路下にあるトンネルで繋がっています。
そのため、館内のつくりを理解するのに時間がかかってしまいました (^^; ....



その複雑な館内に3つのお風呂が点在しています。







訪問時、男風呂は、内風呂が福寿の湯、露天風呂は露天岩風呂でした。

まずは福寿の湯から。



床から壁からすべて木(檜?)で作られた味わい深いお風呂です。





さて、続いて露天風呂へっと・・・・・ところが、露天岩風呂は残念ながら故障中・・・(TOT) おぃおぃ



この松川館、きっと以前は高級旅館だったんでしょう。
フロントもとっても綺麗♪



お庭だってこんな感じ!












さて、本館に戻り、入浴。
男湯は川蝉の湯。




17時30分から夕食。




ちょうどフェア開催中でした!















翌朝。

男女が入れ替わり、この日はエンゼル風呂。




お風呂の後は朝食をいただきます。




伊東園ホテルはチェックアウトが12時です。

ということで、朝食後は再び松川館へ。
松川館でも男女入れ替えになるので、昨日入れなかったお風呂をいただきに行きます。

地下トンネルをくぐり、お風呂へ。



末広の湯、竜神の湯です。






洗面も年季を感じます。





11時前にはチェックアウト。

8,250円/人でした。



帰宅途中、道の駅「伊東マリンタウン」に立ち寄り、お土産タイム。

こちらのお店のクッキーシュー、とっても美味しくてお気に入りなので、今回も購入して帰宅しました。

親孝行をしよう!(その1)

親孝行

したいときに

親は無し


σ( ̄▼ ̄*) の両親も70代後半になり、いつ迎えに来てもおかしくはありません。

そこで、両親と叔母とともに、伊豆温泉巡りに行ってきました。



昼食は伊東の有名店、魚河岸さんです。



メニューはこれだけ。


11時30分開店で、無くなり次第終了となります。



私と叔母はおなじみ金目鯛の煮つけ定食。



嫁さまと父親は金目鯛の焼き魚定食。



母親は刺身定食。



どれもボリューミィーなので、シェアしあっていただきます。



伊豆は温かく、通り沿いの桜が咲き始めています。

せっかくなので、河津桜を見に、河津に向かいます。


しかし・・・


まだぜんぜん咲いていません・・・






いい時間になりました。
メインの目的地に向かいます。


こちら、伊豆南熱川温泉ファミリーホテル「開春楼」さんです。








まずはカラオケ2時間♪




その後お風呂。




18時からは夕食。



メインはこちらの蟹!



ふぐ鍋や



湯葉なんかもあります。



茶わん蒸しには、ギンナンも入っていました!




デザートも、アイスや



マシュマロ



ワッフルやパンケーキなんかもあります。




スープはスープバーで。



ソフトドリンクは飲み放題です。




翌朝、太陽が伊豆大島からあがってきました!




朝食もバイキング。



お?こりゃ嬉しい!お茶漬けがあります!!



海に太陽が反射して眩しいです。



10時半にはチェックアウト。これだけ満喫して、割引クーポン利用で一人6,688円でした。



その後、途中にある愛犬の駅に寄り道です。



ワンちゃん用トイレがあります。なんと、オスメス別々のトイレです。



便器ならぬ、便棒か!?




昼食は明日葉さんでお蕎麦。



私と父親は天ざる。



嫁さまと叔母はかき揚げ。





その後、デザートを求めて旅の駅へ。




ニューサマーオレンジソフトをいただきます。



その2に続く

ジュニアのある生活

◎マイジュニア紹介◎
◎キャラバン記録◎
◎オプションあれこれ◎
◎アイテムその後・・・◎

★アウトドアジュニアと
ジュニアリボーンを見比べる★


2007年5月6日ブログ開設
2008年5月12日ジュニア納車

プロフィール

HEY

Author:HEY
1967年生まれ
神奈川県在住
妻1人・両親・愛犬1匹

◎マイキャンカーの紹介◎
車名:アウトドアジュニア
ビルダー:リーエキスポート
名前:えすかる号
英語名:S-car Go
愛称:湘南じゅにじゅに

最近の記事+コメント

まとめプラグイン

01 | 2018/02 [GO]| 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

リンク一覧

このブログをリンクに追加する

ユーザー別リンク

検索フォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村






コメントの表示について

ブログ管理のため、コメントは承認されるまで表示されません。(ブロともさんは、承認前でも表示されます。)

ブロともになる
※ブロ友は定期的にブログにコメントを残してくれた方に承認します。

ブロとも一覧

★楽天アフィリエイト★



カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright © HEY