FC2ブログ

来年の話しをすると鬼が笑うと言うけれど

阪急交通社から、来年のGWのクルーズが発売されました。

チャータークルーズで、それも2隻をチャーターした豪華企画!

カレンダーを見てみると、来年も2日間のお休みをいただければ、大連休実現という嬉しい日程。

詳しくはこちら

そして申込み (^^; ....

2018年のGWクルーズ <MSCスプレンディダで航く>日本一周青森・福岡・神戸・釜山 桜舞い踊る春色クルーズ9日間 を申し込んでしまいました(汗)

まだ今年のGWクルーズにも出発していないというのに・・・(大汗)

2018年GWクルーズの案内が届きました

先日申し込んだ 『MSCスプレンディダで航く日本一周青森・福岡・神戸・釜山 桜舞い踊る春色クルーズ9日間』 のパンフレットが届きました。



※拡大画像あり



※拡大画像あり



分かりづらい部屋タイプですが、場所だけではなく、受けられるサービスにも違いがあるようです。

※拡大画像あり


さあ、来週はいよいよ2017年GWクルーズへ出発です!

クルーズ出発まであと1か月!

カメラを届けてくれた佐川急便さん。

こんなものも届けてくれました。


今年のGWに行くクルーズの案内です。



部屋などの案内は、出発2週間前くらいに届けられるようです。

撮影道具

いよいよ月末GWからクルーズに行ってきます!

今回のクルーズで用意した撮影関係の道具はこちら。




左から、マグネット式ゴリラポッド。
これを船の手すりに巻きつけて、入出港シーンや航行シーンをタイムラプス動画で撮影してみようと思います。


左から2番目は、シューティンググリップ。一眼レフの手持ち棒にしようかと。一眼レフにSONYのアクションカメラを取り付けるのですが、ライブビューリモコンはこのグリップに取り付けられます。


左から3番目は自撮り棒。簡易三脚にもなるので、どちらかといえば三脚としての使用かな?


左から4番目は100均の簡易三脚。食事中のシーンなどの撮影で使用するつもり。


その上は吸盤式ホルダー。車窓映像などを撮るつもり。


青いカメラは、これまで利用してきたカメラ。タイムラプス動画など撮影できますが、iphoneでも撮影できますね・・・


その上はSONYのアクションカメラ。手振れ補正がすんごいので、今回の旅行では大活躍してくれそうです。


さらにその上が、パナソニックのデジタルムービー。
でも・・・今回は・・・一眼レフで撮影する予定なんですよね・・・


一番右端が外部マイク。


この中で、パナソニックのデジタルムービーは持っていくか否か思案中です。




さて、続いての品々がこちら。

9日間のクルーズとなると、SDカードだけでは不足します。

そこで、外部HDDへ保存するため、1TBの外付けHDDを購入。

それと、SDカードと外付けHDDへの橋渡しの役割を期待して、格安PCを用意しました。




しかし・・・

やっぱり・・・


荷物・・・



多っ・・・

(^^; ....

出発1週間を切りました!

今週末にいよいよクルーズに行ってきます。

来週の今頃はもう船の中♪

いよいよ明日出航!

ついに明日になりました!

明日の今頃は海上の人♪

美味しいもの、たぁ~くさん食べて、綺麗な景色をたぁ~~くさん見てきます!

MSCスプレンディダに乗船してきました!【緊急速報】

4月28日(土)から今日まで、横浜発着の阪急交通社チャータークルーズ『MSCスプレンディダで航く日本一周青森・福岡・神戸・釜山 桜舞い踊る春色クルーズ9日間』に行ってきました。

あまり情報の少ないスプレンディダ。さっそく帰宅後の感想を申し上げますと・・・


まだキャンセル料が発生しない段階でしたら

乗船までの間にスタッフが日本人への接客に慣れるのを期待するか
キャンセルすることをお勧めします。


中国配船となったからか、まぁ~ウェイターやレセプションスタッフの対応がひどいこと、ひどいこと・・・


これは σ(  ̄ω ̄;) だけの感想ではなく、食事で同席となったあらゆる方が口を揃えて言っていました。もうこの船には乗らない、と。


では、その対応のひどさの一例をご紹介。

● メインレストランで、料理がまったく届かず、ようやく届いても、注文と違うものが届けられる。
● 8回の夕食で、私たちのテーブルに関して、誰の間違いもなく届けられたのは、1回もないという始末・・・
● ビュッフェレストランでドリンクチケットを購入したところ、チケットがまだ用意できていないので、引換券を渡すので夕食時にウェイターに渡して交換してほしい、とのことだったので、夕食時にウェイターに引換券を渡してもまったく理解しておらず、結局夕食時にはチケットを手に入れられなかった。
● 引換券が交換できなかったので、レセプションに問い合わせたところ。レセプションでも分からず、機械で調べてくれ、注文されていないから、バーで新たに購入してくれ、とのこと。バーに行き引換券を見せながら、新たに同じものが欲しいと伝えたところ、バーのウェイターも分からず、レストランに問い合わせてくれとあちこちへのたらいまわし。(あげくのはては二重計上)
● 支払額の二重計上。(ドリンクチケットを最初に申し込んだビュッフェと、最終的に手に入れたレストランから請求される。)
● 室内の冷蔵庫のドリンクを飲んでいないにもかかわらず、オーダーシートに記入され、請求されていた件。
● 飲んでいない冷蔵庫のオーダーシートが来ているとレセプションに伝えたところ、サインしていなければ請求されないのでサインしないでくださいと言われた。もちろんサインはしなかったが、請求されてきた。
● 二重計上されていること、飲んでいないドリンクの請求がされていることをレセプションに訂正を申し出たところ、支払いをキャンセルしましたと言っておきながら、キャンセルされていなかった。
● 夕食時のメニューがとても貧相。夕食の楽しみが日に日に無くなっていきました。
● 朝食のメニューは毎日同じ。
● すべての食事が美味しくない・・・メニューにあった日本食が一番美味しいという残念な食事。
● メインダイニングでの朝食、昼食を諦め、ビュッフェレストランに行っても、置いてあるのはメインダイニングのメニューと変わりない料理。
● 昼食、夕食時には、コーヒーはもちろん、水すら有料であり、水と空気は無料ということに慣れている日本人には向かない。
● 有料レストランでも、ステーキソースが美味しくない。大好きなお肉を完食できなかった。
● ドリンク等の支払い時にカードを渡すと、違う人のカードが返ってくる。
● MSC所属ダンサーによるショーは、まったくつまらない。
● 夕食について、寄港日でもオープンシーティングにはせず、決められた時間帯での食事となっており、ツアーから戻って、部屋に戻れず、レストランに駆け込む始末。寄港日くらいはオープンシーティング(時間制限なし)にしてほしい。私たちは17時30分からの夕食にしたため、出航時間と重なり、船旅の一大イベントである出港を見ることが出来なかった・・・
● 夕食時、飲み物を注文してもなかなか持ってきてくれず、あげくのはては忘れられている始末。
● MSCにはスーパースイート的なヨットクラブというカテゴリーがあり、前方の眺めはこのヨットクラブのカテゴリーで申し込んだ人しか利用できないシステム。船首側の眺めが見れないので、着岸が右舷側か左舷側か予想できない。


この後もMSCスプレンディダの日本発着クルーズが続きます。取り急ぎ感想のみアップし、旅行記はおいおい更新します。

MSCスプレンディダに乗船してきました!【1日目 その1】

4月28日(土)から5月6日(日)まで、横浜発着の阪急交通社チャータークルーズ『MSCスプレンディダで航く日本一周青森・福岡・神戸・釜山 桜舞い踊る春色クルーズ9日間』に行ってきました。


今回は車で横浜の大黒埠頭を目指します。


途中、海老名SAで休憩。



圏央道が出来てから、立ち寄る機会が減りました。


σ( ̄▼ ̄*) はラーメン。




おや?回転ずしのがってん寿司が出店してるんですね?



ということで、嫁さまはこちら。



少しぶらぶらします。



おや?施設内のトイレはなんともお洒落なこと。




無事到着。



ベイブリッジのすぐ下、閉鎖されたスカイウォークの駐車場跡地のようです。
今回のクルーズのため、特別に解放されました。9日間で1万円です。


大桟橋(右側)にはダイヤモンドプリンセス。
山下埠頭(左側)にはノルウェージャンジュエルが停泊しています。



駐車場からはシャトルバスで移動。
MSCスプレンディダが停泊しています。



会場には既に大勢の人が待っています (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-



にしては・・・トイレの数が少なく・・・トイレ待ちの人は殺気立っています・・・



さて、いよいよ私たちの乗船の番となりました。



σ(  ̄ω ̄;) の並んだところは、パソコンの具合が悪く、手続きが完了せず、隣の受付に移動させられる、というおまけ付き。



保安検査を経て、ようやく船とご対面。



わくわく感、ピークです!


ぞろぞろと、皆さんが歩くあとをついていきました。



途中、「乗船口→」とありましたが、皆さん通過。その先のギャングウェイを目指していくのでついていきます。

MSCスプレンディダに乗船してきました!【1日目 その2】

さて、いよいよ船内へ!

私たちは何も考えず前行く人の後をついていきます。

途中、船体中央部に「乗船口→」とあり、ギャングウェイがあったにもかかわらず、船首側のギャングウェイへ。

船内入口でシーパスカードを確認してもらうと、そこはエレベーター入口。
ふと先頭を歩いていたであろう人が手に持っていたプラカードが目に留まりました。
『ヨットクラブ』とあります・・・


(ToT) ・・・


付いていく人を間違えました・・・

でも、ヨットクラブの方たちが乗るエレベーターよりも先に一般用のエレベーターが開いたため、それに飛び乗ります。

σ( ̄▼ ̄*) の部屋は12階。
まずは部屋に向かいます。

今回の部屋も内側窓なしです・・・(T_T )ヾ(^ー^;) ヨシヨシ


お部屋には今日の新聞「DAILY」が置かれています。

※拡大画像あり


※拡大画像あり


※拡大画像あり


※拡大画像あり


手荷物を下ろしたら、14階のビュッフェに向かいます。



嫁さまはこちらを。



σ(  ̄ω ̄;) はこちらを持ってきました。




食べ終わると、ウェイターが近づいてきます。

ウェイターはドリンクパッケージを売り込みにきたものでした。


こちらは飲み放題プラン

※拡大画像あり

フル・オールインクルーシブは、9ドルまでのアルコールからソフトドリンクまでが飲み放題で、1日あたり32ドル。
1杯7ドルとして、毎日5杯以上飲む場合にはお得になります。


ノンアルコール・オールインクルーシブは、ノンアルコールカクテル、フレッシュジュース、ソフトドリンク、ミネラルウォーター、コーヒー、紅茶が飲み放題で、1日あたり19ドル。
1杯5ドルとして、毎日4杯以上飲む場合にはお得になります。


どちらのプランも、バーで飲めるものと、レストランで飲めるものが異なります。
(レストランはカクテル系が駄目になります。)


この飲み放題プランは、グループの全員が、しかも乗船日数分すべてを購入しなければなりません。(1人が買って他の人と飲み分けしたり、1日だけ買ってバカ飲みされたら大赤字ですからね!)



こちらはチケット制のプラン。

※拡大画像あり


オールインクルーシブ ドリンクバウチャーは、9ドルまでのアルコールからソフトドリンクまでが飲めるチケットが12枚付いて、45ドル。
1杯当たり3.75ドル以上の飲み物に使用すればお得になります。

ノンアルコールドリンク バウチャーは、ノンアルコールカクテル、フレッシュジュース、ソフトドリンク、ミネラルウォーター、コーヒー、紅茶が飲めるチケットが12枚付いて、29ドル。
1杯当たり2.5ドル以上の飲み物に使用すればお得です。

お酒の値段は、ビール6ドル、カクテル7ドル、ワイン6ドル程度です。
ソフトドリンクは、ノンアルコールカクテル5ドル、コーヒーやコーラは2.5ドル程度でした。


この値段を目安に、どれくらい飲むか考えて購入しましょう。


私たちは、チケットを購入したのですが、このチケットがいろいろ問題を引き起こしてくれたのでした。

ジュニアのある生活

◎マイジュニア紹介◎
◎キャラバン記録◎
◎オプションあれこれ◎
◎アイテムその後・・・◎

★アウトドアジュニアと
ジュニアリボーンを見比べる★


2007年5月6日ブログ開設
2008年5月12日ジュニア納車

プロフィール

HEY

Author:HEY
1967年生まれ
神奈川県在住
妻1人・両親・愛犬1匹

◎マイキャンカーの紹介◎
車名:アウトドアジュニア
ビルダー:リーエキスポート
名前:えすかる号
英語名:S-car Go
愛称:湘南じゅにじゅに

最近の記事+コメント

まとめプラグイン

06 | 2019/07 [GO]| 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

リンク一覧

このブログをリンクに追加する

ユーザー別リンク

検索フォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村






★楽天アフィリエイト★



カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright © HEY