心配・・・

今も地震があった・・・


ここんところ地震がまた増えてきているように感じる・・・


毎回毎回揺れるたびに、今度は!?と緊張が走る・・・


いつかは必ず訪れる関東への大震災・・・

その時日本は・・・

温泉博士3月号活用埼玉の旅

温泉博士3月号活用の旅、第2弾でおじゃりまする。


3月2日(金)夜8時発でおじゃりまする。

お泊りは、埼玉県の道の駅おがわまちでおじゃりまする。



朝食は近くのマックで朝マックです。



このマックの向かいには、小川町でお気に入りのお店、鳥のハラグチさんがあります。


ここでから揚げや焼き鳥を買うのが楽しみなんです♪


入口の隣に売り場があり、ここで卵焼きや焼き鳥、から揚げを注文します。





って





あれ?





売り場がない?





そか!店内に移動したのか!





ん?店内も卵しか売ってない??



どうやら生卵オンリーの売り場に変えたようです・・・



お気に入りの鳥料理がいただけなくなった寂しい気持ちで、本日のお風呂に向かいます。


今日は、以前訪問した際に無料入浴券をいただいた花和楽の湯さんです。



お付菓子のサービスもあります。


今日はワッフルでした。


花和楽の湯といえば「ロウリュウサービス」です。
熱波隊のお兄さんお姉さんが、サウナストーンにアロマオイルをふりかけ、アロマの香りと熱気をタオルで拡散するサービスです。

11時から毎0分ごとにサービスがあります。

毎回、このサービスの時間はたくさんの人がサウナ室に入り、定員を超えたら入れなくなります。
5分くらい前にサウナ室に入るのが必要です。


10時に到着し、11時のロウリュウを楽しんで嫁様と合流。


サウナでたぁ~っぷり汗をかいた嫁様、ビールが美味しいそうです。



お昼をいただき、ふたたびロウリュウサービスに!



ロウリュウの合間にはデザートも。



2時半になるとジャンケン大会の開催です!


残念ながら完敗です・・・
そう簡単には勝てません・・・


夕食もここでいただくことにしました。





10時に来て21時まで、ロウリュウをうけたりお風呂に入ったり。
実にのんびりと過ごしました。

ロウリュウは何回やってもらっただろ?7、8回やってもらったように思います。



その後は道の駅花園に移動して、今夜のお宿とさせていただきます。


翌朝。
フリーマーケットがやってます。
いろんなガラクタ珍しい品物が並んでいます。



10時前に、道の駅のお隣にある「フォレスト」に移動。



ここはスィーツのお店です。



美味しそうなパンも売ってます。


ここのパンを買うために、高速道路にのってきたという人もいました。



私たちもアウトレットコーナーでお土産を購入。



その後バイキングへ。



スィーツ中心のバイキングです。



さて、いよいよ温泉博士にご登場いただきましょう!

埼玉県飯能市にある奥武蔵「あじさい館」です。


温泉博士を使って、もう3~4回ほど訪問をしている施設です。


今日も気持ちいいお風呂をいただきました。


帰宅途中、ホンダのお店に寄り道。
Nboxを見てきました。
ん~なかなかよくできてます!ちょっと気になる車です~!

久しぶりに・・・やっちまったかっ!?

わが家のジュニアくん、ダイネットは半座敷・半テーブルモードで使用していますが、久しぶりに全座敷モードにしてみたくなりました。

詳しくはこちらで


全座敷モードにするには、テーブルを床にしてしまうので、他にテーブルを用意する必要があります。

ホームセンターでテーブルを探していたところ、このような品を見つけました。


折り畳みのテーブルで、980円です。




ドリンクホルダーも備わっているので、こりゃいいやっ!と即買いです。


帰宅して、さっそくジュニアくんに潜り込み、全座敷モードに変更して、テーブルのセットです。




さて、さっそくの使用感はっ!




















脚、短っ・・・

想定内です・・・
購入時、脚が短いことは分かっていましたから・・・


大きさはっ!

中途半端にジャマです・・・

ジュニアくんの発電機のオンオフをするスイッチに手を入れる場所にテーブルが来てしまうため、発電機が使いづらくなります。


とりあえず、使うときにはセットして、使わないときには折りたたむ、というようにして使ってみようと思います。

さて、このテーブルくんはいつまでジュニアに載っているのか。

またしても失敗グッズが増えただけなのか・・・


こうご期待!


(TωT)ウルウル

逃避行


北にむけて逃走中




おおるり『平家本陣』宿泊記(その1)

栃木県にある湯西川温泉に、格安でお泊りしてきました。


どれくらい安いかというと

お値段

1泊2日

13,000円!



なぁ~んだ普通じゃん・・・

いえいえ。全国区で有名な箱根では、団体でもこのお値段で泊まれるところを探すのは至難の業です。

2名宿泊では、お一人様20,000オーバーを覚悟しないといけません。



それが13,000円で2食付き。やはりお安いです。



しかもこのお値段、



2名分のお値段なんです!


つまり、お一人6,500円です。


おまけに、関東近郊から送迎バスが出ていて、往復600円を追加すれば、ホテルの前まで連れて行ってくれます。


※拡大画像あり


これを見るとお分かりですが、私たちが泊まった湯西川温泉は6,500円ですが、このホテルグループの大半は5,500円で泊まれます。


この格安温泉ホテルを展開するのは、おおるりグループで、栃木県鬼怒川温泉を中心に、塩原温泉、日光、那須、草津温泉、熱川温泉などで格安温泉ホテルを営業しています。


このおおるりホテル、ネットで検索すると賛否両論です。
安いだけに料理が冷たいとか、部屋の掃除が行き届いていないとか・・・

でも、神奈川県内で日帰り温泉に入るだけでも1,000円近い値段はするでしょうし、朝食・夕食を外食で食べればプラス2,000円。大目に見て計3,000円だとすると、部屋でのんびりくつろいで、お風呂に何度も入れて、翌朝もお風呂を堪能してこのお値段・・・わが家では受け入れられる範囲です。だから何度もこのグループのホテルを利用しています。


それと、送迎を利用した場合、格安グループならではの特徴があります。
賛否両論の『否』の方には、この送迎システムを受け入れられないという意見が多いです。

送迎バスは各地から出発します。
各地から出発したバスは、途中の中継基地に立ち寄って、方面別・ホテル別のバスに振り分けられます。つまり、途中でバスの乗り換えが必要となるんです。
多い場合、2度・3度と乗り換えが必要となります。バスの到着状況によっては、この乗り換えに、かなり待たされます。

各地から集めたお客さんを乗せたバスが、そのまま、その日帰宅するお客さんを乗せて、発地に戻ります。
チェックアウトは9時30分~10時。バスが到着するのが12時前後。つまり2~3時間程度は暇を潰すことになります。
暇を潰すために、帰宅時の集合場所となる「ゆけむり会館」では、人情時代劇やカラオケ大会が開催されています。これを楽しみに来るお年寄りも多いようです。

帰りも、来る時と同じ。中継基地で、方面別・発地別のバスに乗り換えます。
ここでも、バスの到着状況によって、待たされます。
また、途中立ち寄る昼食場所やお土産処は、おおるりグループのお店となります。

そんなこんなで、賛否両論ある格安温泉宿ですが、それを承知で利用すれば、楽しむことができます。
あ!それと、送迎バスがあるということで、参加する方の多くはお年寄りです。その点もご理解のほどを。


そんなお年寄りたちのディズニーアンバサダーホテル
こちらが私たちが泊まったホテル、湯西川温泉『平家本陣』です。

※拡大画像あり

他より1,000円ほど高いだけあって、佇(たたず)まいも高級っぽいです。


発地は横浜駅西口天理ビル前。8時10分出発です。
8時前に到着しましたが、お年寄りは気が早いすでに何組かが乗車して待っていました。

定刻に出発。すぐに首都高に入り、湾岸線から東北道へ。羽生SAで最初のトイレ休憩をします。



お腹にちょっと補充しておきます。



宇都宮ICで下りて、大晃ドライブインへ。



ここで各地から来たバスの乗客は、方面別のバスに乗り換えます。


幸い、横浜発のバスがそのまま鬼怒川方面行だったので、私たちの乗り換えはここではナシ。


鬼怒川温泉のゆけむり会館に到着したのは12時ちょい前。


ここで湯西川温泉行のバスに乗り換えます。
ここで15分ほど待たされます。


ここから湯西川温泉までは、路線バス号(路線バスを改装したもの)になります。


座席間隔は狭いし、乗り心地は悪いですが、我慢我慢です。


鬼怒川温泉から50分ほどで湯西川温泉『平家本陣』に到着。



湯西川は平家落人の里だそうです。
そんな関係からか、入口を入ったすぐ脇には鎧兜が。


そして、雅な姿の人形が飾られています。



ロビーはこんな感じです。



さて、到着したらさっそくチェックイン。
ここで、簡単な説明を聞き、ペラッペラのタオルと歯ブラシセットが入った袋を受け取ります。
バスタオルは別にレンタルがあるようです。(我が家は持参しましたが)

それと、ここで貸し切り露天風呂の予約もしました。わが家が予約したのは16時20分から。30分ほどの貸し切りで、1日に10組程度ですので、早いもん順です。


もちろん仲居さんなんかいません。自分の荷物は自分で持って、フロントでもらった鍵を持って部屋に向かいます。
私たちの部屋は、4階。



窓の外には、隣接する「平家の里」の茅葺の建物が見える、景色のいい部屋です。



部屋にはお茶請けにお饅頭が用意されています。

この「田吾作饅頭」もおおるりグループ製で、ホテル内や帰りに立ち寄るお土産屋さんで売られています。


さて、ちょっとお部屋以外もご紹介を。

こちらが洗面所。


こちらは部屋のお風呂です。


ちなみにトイレはこちら。



到着早々、横浜駅で買ってきたお弁当で昼食にします。
横浜といえば、崎陽軒のシューマイ弁当!むちゃマイウ~♪です。


嫁さまは、崎陽軒のチャーハン弁当。


お弁当を買ってこなくても、ホテル内で簡単な麺類(ラーメンや、たぶんソバ・うどんなど)を食べることができます。また、ホテルから5分~10分程度歩けば、外で食事することもできます。


参加したほとんどの方は、ここの麺類をいただいているようでした。


昼食を終え荷物を片付けていると、館内放送が。
徒歩15分程度のところで、なにやらイベントがやっているそうです。

※拡大画像あり


せっかくなので、見に行くことにしました。





う~ん・・・なんとも微妙なイベントだなぁぁ・・・


イベント会場から戻りながら、ホテルに隣接する「平家の里」を見学します。

入場料は500円。










中は、民族資料館的か・・・



平家落人伝説の湯西川です。
もちろん平清盛さんもいられます。



こんな絵も飾られています。

さて・・・この絵の意味するところは・・・奥深いなぁぁ・・・


園内には鹿が1匹飼われていました。
動物好きの嫁さま、さっそく100円の餌を買って、鹿に餌付けをしています。



さて、ホテルに戻って、ご自慢のお風呂をいただくことにします。


と、この辺でその2に続きます。

おおるり『平家本陣』宿泊記(その2)

ホテルに戻り、ひとっ風呂浴びることに。

夜になるとこの辺は氷点下になるということなので、明るいうちに露天風呂に入ることにします。


庭園露天風呂は、建物を出て100mほど歩いたところにあります。


建物を出たところでスリッパからサンダルに履き替えられますが、事前に雪道を歩くという情報を得ていたので、自分の靴を履いていました。

この雪道じゃ、サンダルでもダメダメでしょう。マイシューズ、正解です。


庭園露天風呂に到着。



見事なまでに何もありません。脱衣所も、靴を脱ぐところも。

まさに庭園の中に風呂 だけ を作った感じです。

温度もややぬるめ。40度あるかないかくらいです。


20分程入り、内風呂に移動することにしました。


内風呂の入口には、マッサージ機。有料です。



脱衣所は広めです。



洗面所にはドライヤーが1個あります。



こちらは、内風呂に併設されている露天風呂。



内風呂も露天風呂も、とても気持ちよく入ることができました。


お風呂から上がり、ちょっとだけ休んでいると、もう貸し切り風呂の予約時間に。


庭園露天風呂の隣が貸し切り風呂です。
再び、マイシューズを履いて、フロントで鍵をもらい、外に出ます。


貸し切り風呂というか・・・掘っ建て小屋風呂って感じか・・・



掘っ建て小屋の中 お風呂はこんな感じ。


脱衣スペースがあります。
温度もややぬるめで、気持ちいいお風呂です。


お風呂からあがり、しばらくすると「夕食の準備ができました」と館内放送が流れます。


さっそくお食事処に行きます。


こちらがお食事処です。



座席が指定されているので、自分の席を探すのが一苦労。


夕食はこちら。
おおるりグループはバイキングが多いのですが、ここ平家本陣はお膳料理でした。



囲炉裏には汁物としてうどんが。



そして、チェックイン時に単品料理として鹿刺しも頼んでいました。



夕食を済ませ、再び内風呂に。


昼間に出かけた場所で、オーロラファンタジーが20時30分から開催されるので、20時には外に出ました。


途中の道路では、木にイルミネーションが飾られて、とても綺麗です。



会場に着くと、火が燃されています。


この火が、オーロラファンタジーで重要な役割を果たします。


いよいよ時間になりました。


係りの人が、火のところに行き、なにやら白い煙を立ち上がらせています。


レーザー光線が、煙にあたってオーロラのようになります。








幻想的な光景です。


ミニ鎌倉にはロウソクで明かりがともされています。



部屋に戻り、冷え切った体を温めるべく、ふたたびお風呂に!



翌朝は6時に起床。朝からお風呂に入ります。


8時前に朝食の準備ができたとの館内放送があります。


朝食も夕食と同じ場所です。



囲炉裏には味噌汁が各テーブルごとに用意されています。



朝食後、最後の〆にお風呂!


9時にはチェックアウトを済ませます。


夕食時にビールを頼んだので、総額は15,225円でした。

※拡大画像あり


支払いを済ませ、ロビーでバスを待ちます。
1時間くらい待ったでしょうか。路線バス号が迎えに来てくれました。


50分ほどバスに揺られて、鬼怒川温泉の中継場所である「ゆけむり会館」に到着。



ここで再びバス待ちです。

館内では、カラオケ大会が開催されていました。

40分ほど待ったでしょうか?迎えのバスが到着したようです。



出発して20分ほどでお土産物屋さん到着です。
バスから降りるときに、田吾作饅頭を1個配られます。
出来立ての田吾作饅頭は、とても美味しいです。



お土産は、比較的リーズナブル!
わが家はなにも買いませんが・・・



再びバスに乗り、次に向かうは昼食場所。こちらもバスで10分ほどの移動です。

昼食は、吾作です。
昼食は、チェックアウト時に予約をしておきます。(周りには食べるところがありませんので、ここはグループにお金を落とすのもやむなし。できる限り予約していたほうが無難です。)


ざるソバと


かき揚げうどんをいただきました。


ざるソバ、お汁が塩素臭く、ちょっと閉口・・・


昼食をいただいた後は、横浜に向けて一直線。

途中、羽生SAでトイレ休憩でしたが、それまでぐっすりと爆睡。


16時30分に横浜に到着し、無事帰宅となりました。

温泉博士4月号活用の旅!・・・げげっ!!

温泉博士4月号を使うために、千葉にお出かけしてきました。


毎度毎度の出発は、金曜日の夜。あいにく雨。
でも大丈夫!準備は雨がまだ降っていない朝のうちに済ませておきました!
( ̄ー+ ̄)ニカッ!


今夜のお泊りポイントは東京湾アクアラインの海ホタル。到着したらすぐにお布団に潜り込んでおやすみなさぁぁい・・・
||バンクベッド||Ю o(▽^*)ノ~~=333・:*:・゚★,。・:*:・゚☆おやすみぃ♪


朝食は毎度おなじみのこちらで


毎度おなじみのこちらをいただきます。



朝食の後、海ホタルをぶらり散歩しました。






セレブガチャガチャなるものもあります。ポケバイや電動ヘリ、ブランドバックなどが当たる・・・かもしれません。




アクアラインを渡り、千葉県に上陸。
まず立ち寄ったのは、目的地近くにある道の駅、「ふれあいパークきみつ」です。



ここで時間調整をします。


ホットケーキとコーヒーのセット、500円也~♪



10時になりました。目的の温泉、OPENの時間です。
ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


今回の最大の目的地、濃溝温泉「千寿の湯」さんです。

何年か前に訪問し、再び来ることを誓っていましたが、なかなか来ることができませんでした。今回、4月号の温泉博士に掲載されていたので、ようやく訪問することができました!



駐車場にジュニアを滑り込ませます。
ん?まだ1台も止まっていない??

どうやら1番乗りのようです!
v(=∩_∩=)ブイブイ!!


ジュニアから降り、建物に向かっていくと・・・











∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!



弱りました・・・次に温泉博士で入ろうと思っていたお風呂は、15時からが入浴可能時間です。
ここ、千寿の湯でそれまでのんびりしようと思っていたのに、お風呂に入れないなんて・・・

まさに

予想GUYです・・・


周辺にも手頃に入れそうなお風呂はありません・・・


仕方ない・・・明日入る予定だったお風呂に向かうことにします。



途中、道の駅「たけゆらの里おおたき」に寄り道。



ここで昼食にします。

ふむふむ・・・低脂肪、低カロリーとな?



ということで、猪どんぶりをいただきます。



大多喜駅にも寄り道。

いすみ鉄道をちょっとだけ見学。



その後は大多喜城へ。



大多喜の町を少し堪能して、次なる場所へ。


次に訪れたのは、御宿町にある月の砂漠記念館の傍に佇んでいるこちら。



海岸を砂漠に見立てて、ラクダの像が建てられています。



ようやく温泉博士4月号を使うときがきました!

九十九里「ヴィラそとぼう」さんです。


残念ながらこちら、天然温泉ではありません。

しかし、とってもあたたまる気持ちいいお風呂でした。



本日お泊りするのはこちら。
道の駅「つどいの郷むつざわ」です。



道路を挟んだ隣には、スーパーやホームセンターもあります。


TVのものまねを見て、21時には就寝・・・


翌朝、おにぎりで朝食にして、次なる道の駅を目指して出発。


道の駅「ながら」。


見事なまでに、これといったものがありません。
地場産の農作物の販売所のみです。


千葉、道の駅巡り最後に訪れたのは、道の駅「あずの里いちはら」。



併設されたパン屋さんでは、とっても美味しそうなパンが売られています。



ここで昼食。
パンではなく、味噌野菜うどんをいただきました。



温泉博士4月号活用の旅が、すっかり千葉県道の駅巡りの旅となってしまいました。


帰宅途中、埼玉のリーエキスポートに寄り道して、看板娘のゆりさんにジュニアの発電機のオイル交換をやってもらいました。


ここで衝撃の事実が・・・
リーエキスポートの営業部長犬である「ボブ」が、1週間前に他界したそうです・・・

ジュニアを新車で求めた方は、必ずといっていいほどこの営業部長犬の接待を受けたかと思います。
とてもおとなしい、お利口さんなワンコでした・・・合掌・・・


帰りは首都高から東名に。

海老名SAに立ち寄ると、こんなものが売られています。



さっそく1本いただいてみます。


まぁ、なんだな・・・肉巻おにぎりが食べやすくなったってやつかな・・・





さて、今回のキャラバンで、先日購入したテーブルはどうだったか!?


2日目に、全座敷モードから、これまでの半座敷半ダイネットモードに戻しました。


そお・・・テーブルを1回も使うことなく・・・
(帰宅後、物置にしまわれたことは言うまでもありません)

温泉博士4月号活用の旅in静岡

先週内示があり、どうやら4月から年休をとれる状況になるかどうか分かりません。

もしかしたら、休めなくなるかも・・・


ということで、お休みをいただきやすい3月中に年休をいただくことにしました。


3月29日の木曜日にお休みを頂戴!

しかし、翌日はお仕事になるので、ジュニアでのお出かけではなく、母親の軽を借りてのお出かけです。


早朝6時過ぎに家を出て、東名の足柄SAで朝食にします。

SA内の吉野家です。



沼津ICで下道におり、目指すは修善寺温泉。

瑞の里○久旅館さんに到着。
温泉博士で無料でお風呂がいただけます。(平日のみ)



こちらの旅館、1泊2食29,550円~という高級旅館です。


もちろん泊まることなどできません。せめてお風呂だけでも。しかも無料で。


気持ちいいお風呂をいただきました。



その後、せっかく修善寺に来たのだからと、ちょっと散策してみることにします。


こちらは修善寺。
桜が綺麗に咲いていました。



信功院跡。
源範頼が、兄源頼朝に幽閉された場所です。



こちらは独鈷の湯。
あまりにも開放的な露天風呂のため、現在は使用できません。



しかし、お湯はなみなみと注がれ、いつでも入浴できそうです。(入りてぇ~!)



竹林が心地よい木陰を作っています。



途中のベンチに寝転がり、空を見上げます。
このまま昼寝したくなりますね~!



いつの間にかタンポポも咲いているんですね!



こちらは指月殿。
IMG_3701.jpg


のんびりしすぎました。既に11時を過ぎています。
次のお風呂は11時から入れますので、先を急ぎます。
(ところが、ここでのんびりしていたことが、後で助かることになりました。)


修善寺から、伊東温泉に移動。


伊東温泉の、ホテルラヴィエ川良さんです。



デザイナーズホテルだそうです。期待が膨らみます。



12時過ぎに到着しました。

さっそくフロントでお風呂をお願いします。

すると、フロントのお姉さんが困惑した様子で、「お風呂は14時からお入りいただけます。。。」
温泉博士のミスプリントだそうです。




仕方ありません・・・伊東駅周辺をぶらぶらすることにします。



散策していると、こちらの立て看板が気になりました。



ということで、こちらのお店でお昼をいただくことにします。



ステーキ200gをいただきました。



ようやく2時になり、お風呂がいただける時間となりました。


さすが、デザイナーズホテル。
脱衣室もおしゃれです。







さて、最後のお風呂は神奈川に戻っての入浴です。

湯河原温泉 旅館天作さんです。



こじんまりした旅館です。
駐車場も、敷地内には数台しかないので、旅館の手前の町営駐車場に止めてくださいとのことです。


お風呂もとても大きいとはいえませんが、お湯はとても気持ちよかったです。



これで4月号の温泉博士も十分堪能させていただくことができました。

ジュニアのある生活

◎マイジュニア紹介◎
◎キャラバン記録◎
◎オプションあれこれ◎
◎アイテムその後・・・◎

★アウトドアジュニアと
ジュニアリボーンを見比べる★


2007年5月6日ブログ開設
2008年5月12日ジュニア納車

プロフィール

HEY

Author:HEY
1967年生まれ
神奈川県在住
妻1人・両親・愛犬1匹

◎マイキャンカーの紹介◎
車名:アウトドアジュニア
ビルダー:リーエキスポート
名前:えすかる号
英語名:S-car Go
愛称:湘南じゅにじゅに

最近の記事+コメント

まとめプラグイン

02 | 2012/03 [GO]| 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

リンク一覧

このブログをリンクに追加する

ユーザー別リンク

検索フォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村






コメントの表示について

ブログ管理のため、コメントは承認されるまで表示されません。(ブロともさんは、承認前でも表示されます。)

ブロともになる
※ブロ友は定期的にブログにコメントを残してくれた方に承認します。

ブロとも一覧

★楽天アフィリエイト★



カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright © HEY