クルーズnow



船というよりも、もはや街の中って感じ

映画『ビリギャル』

今日は映画『ビリギャル』を見てきました。














あまり期待していなかったんですが、ところどころホロリとさせられ、いい映画でした。

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(準備編)

5月1日(金)から6日(水)まで、アメリカのロイアルカリビアンインターナショナルが運営するクルーズ客船★ボイジャー・オブ・ザ・シーズ★に乗船して、6日間のクルーズに行ってきました♫


しばらくはこのクルーズネタが続きます (*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪


クルーズはJTB旅物語のチャーターです。



























今回は乗船前の準備編。


ネットで『ボイジャー・オブ・ザ・シーズ』を検索すると、何件かの乗船記がヒットします。
それを見ると、オンラインチェックインで苦労したことが見受けられますが、旅物語では4月の中旬に最終案内といっしょにオンラインチェックインで印刷された「SetSail Pass(セットセイルパス)」が同封されていますので、あとは必要な個所にサインをするだけです。


ちなみに「SetSail Pass」はこんなもの。↓


SIGNATUREと書かれた箇所に名前を2か所記載します。(日本語でOK)



また、健康質問書も同封されてきましたので、こちらにもサインを。(1か所はローマ字、もう1か所は日本語でOK)



最後に、船内での支払い方法を登録する用紙。(こちらは画像はありません・・・)
クレジットカード払いか現金払いかを登録します。
乗船時に配布される「シーパスカード」が船内の客室の鍵となりますが、有料の物販購入時には支払いの際に提示し、下船時に精算します。現金払いの場合、アメリカドルでの支払いとなります。(船内フロントで日本円からUSドルへの両替ができます。)



この必要書類3セットを用意し、パスポートと一緒に乗船時に受け付けに提出します。


さて、今回のクルーズですが、ドレスコード「フォーマル」が1日ありますので、荷物としてスーツや革靴を持って行かなければなりません。(フォーマルといっても、アメリカのカジュアル船なので、タキシードなどではなく、普通のスーツとネクタイでOKです。女性の場合、ちょっとお洒落なワンピースなど。)

なので、スーツケースの中はパンパン。
そんなわけで、下着などは使い捨てしてきてもいいようなものを詰めました。


持参したものの中で、これは持って行ってよかった♪と思えるものをご紹介します。

まずは、リンスインシャンプーとボディソープ。100均で買いました。
リンスインシャンプーは船内にも備え付けられていましたが、100均とはいえ、日本で普及しているもののほうが使いやすかったです。

それとボディタオル。
これは持って行って大正解!帰りには捨てて帰れるようなものを持参しました。

それと洗顔。船内には石鹸しかありません。

あとは歯ブラシと歯磨き粉。使い捨てタイプではなく、自宅でも使えるような歯ブラシと歯磨き粉を持って行きました。
それとシェーバー(又は髭剃り)。
船内には歯ブラシや髭剃りなどは備え付けられていませんので、忘れたら大変です。

あとは100均で買った携帯用ウォシュレット。船内のトイレはすべてウォシュレット機能はありません。

あ、そうそう!スリッパも忘れずに!部屋にスリッパはありません。100均で携帯スリッパを買って、帰りは置いてきました。

最後に、シーパスカードを入れておくカード入れ。首からぶら下げられるタイプがお薦め。
船内では、シーパスカードを使う機会がとっても多いので、首からぶら下げて船内を闊歩する方がとても多いです。



逆に、持って行っても不要だったもの。

アルコール飲料とジュース。
1家族、ワイン又はシャンパンを2本まで船内に持ち込むことができましたが、忙しい&お酒を飲まなくても平気なわが家には、まったく不要でした。
ジュースも数本持ち込みましたが、ほとんど飲むことはありませんでした。

次に、持ち込んだお菓子類。
これも食べることなく、持ち帰ってきました。



最後に、持って行けば便利かな?と思えたもの。

なんといっても無線機。(トランシーバー)

洋上にでると、携帯電話はつながりません。
広い船内で別行動をとると、見つけることができなくなります。
そんなとき、無線機があれば連絡を取り合うことができるかな?(同一階であれば無線も通じるでしょうが、上下階となると電波が届かないかもしれませんが・・・)



さて、次回はいよいよ乗船です。

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(乗船編)

5月1日(金)


いよいよ出発当日です。
((((*´・ω・。)イッテキマス・・・゜+。:.゜.:。+


通常は横浜港大桟橋国際客船ターミナルから乗船するのですが、全高63mあるボイジャー・オブ・ザ・シーズはベイブリッジをくぐることができません。
つまり、大桟橋まで来ることができない・・・


そこで乗船場所は大黒埠頭になります。
しかし、大黒埠頭では手続きを行う場所がありません。

そこで、新港埠頭展示施設で乗船手続きを行います。



最寄駅は地下鉄みなとみらい線馬車道駅。



ここからスーツケースをガラガラ引きながら、徒歩で向かいます。


ホームや要所要所に旅物語のスタッフが立ち、案内をしてくれるので、迷わず新港埠頭展示施設に向かうことができました。



横浜港大桟橋には極東・大西洋横断クルーズに向かう『セレブリティ・ミレニアム』が停泊していました。




ガラガラ歩いて、20分くらいで到着。




まずはこちらでスーツケースを預けます。

(はぁ~ようやく重い荷物がなくなった!)



建物内は既に受付待ちの人たちでごった返しています。



乗船手続きは、客室のグレード順に行われます。

スイートの方は10:30から。
バルコニーの方は11:00から。
スタンダードの方の一部は12:00から。
スタンダードの残りの方は13:00から。
スタンダードで3~4名で参加の方は14:00から。

こんな具合で乗船手続きが始まります。

早く受付が済めば、それだけ早く船に乗船でき、船内を堪能することができます。


私たちの受付は13:00。




受付では、SetSail Pass、パスポート、健康調査書、クレジットカード、クレジットカード登録用紙を提出します。




受け付けが済めば、シーパスカードが交付されます。


このシーパスカードには、①夕食会場(デッキ/階数)、②夕食時間、③夕食時のテーブル番号、④遭難時の避難場所、⑤船内会計番号、⑥客室番号 などが記載されています。



無事にシーパスカードが交付されたら、いよいよ出国です。


入管の職員の方がわざわざお越しになり、パスポートに出国のスタンプを押してくれます。
スタンプを押してもらったら、そこから国外。



シャトルバスに乗りこみ、大黒埠頭に送ってもらいます。

この車内は既に国外扱いなんでしょうね。



ベイブリッジを渡るといよいよ大黒埠頭。
ボイジャー・オブ・ザ・シーズがついに姿を現します。



周りになにもないので、その大きさが実感できません・・・



さあ、いよいよボイジャー・オブ・ザ・シーズは目の前です。








デッキを渡ればいよいよボイジャー・オブ・ザ・シーズに乗船です。
このときすでに14時30分。受付開始から1時間半もかかります・・・汗




乗船口では、手荷物の検査があります。
腕時計や携帯電話などは、身の回りから外して、カバンに入れておきます。



さあ、いよいよ次回は船内です!

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(紹介編)

ここでボイジャー・オブ・ザ・シーズをご紹介します。




総トン数  137,276トン
客船の場合、重さではなく、体積なんだそうです。





正面に並ぶ丸窓は、客室です。







全高  63m





全幅  48m





全長 310m





船籍  バハマ





乗客定員  3,286名(2名1室利用時)





乗組員  1,176名





巡航速度  22ノット



就航年  1999年

就航当時、世界最大の船だったそうです。


改装年  2014年秋


喫水(船が海に沈んでいる部分)  8.8m

エアードラフト(海面からの高さ)  54.2m









1デッキ  乗り組み口

2デッキ  スケートリンク ・ 会議室 ・ 客室

3デッキ  スケートリンク入口 ・ メインダイニング ・ フォトショップ ・ 客室

4デッキ  シアター入口 ・ メインダイニング ・ カジノ ・ スポーツバー ・ ピアノバー ・ 客室

5デッキ  ロイヤルプロムナード ・ メインダイニング ・ スターラウンジ ・ ゲストリレーションズ(フロント) ・ 客室

6デッキ  客室

7デッキ  客室

8デッキ  客室

9デッキ  客室

10デッキ  客室(ロイヤルスイートルーム、その他のスイートルームはこのデッキ)

11デッキ  ビュッフェ(ウィンジャマーカフェ) ・ プール ・ スパ ・ フィットネスセンター

12デッキ  スパ ・ フィットネスセンター ・ ハンバーガーショップ(ジョニーロケッツ) ・ ゲームコーナー ・展望デッキ

13デッキ  パターゴルフ ・ バスケットコート ・ 船上サーフィン

14デッキ  展望ラウンジ

15デッキ  チャペル



『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(出航編)

船内に入り手荷物検査を済ませば、そこからは自由の世界です。


さっそく部屋に行こうとするも、エレベーターはたくさんの人で順番待ち。ヽ(゚Д゚;)ノ!!

とても待っていられないので、意を決して階段で向かいます。
(ただ、輸送力はそこそこあるエレベーターなので、2~3回待っていれば乗れたかもしれません。)



乗船時のエレベーター雑学。

もし右舷側から乗船したら、左舷側にもエレベーターはあるので、そちらの方が空いているかもしれません。(皆さん乗船してすぐに目に留まるエレベーターに乗ろうとするので。)

また、船体中央から乗船した場合、4デッキまで上がると船首側に歩いていけますので、船首側のエレベーターなら問題なく乗れることでしょう。(エレベーターは船首側右舷に3基、左舷に3基。船体中央右舷に4基、左舷に4基それぞれあります。)



そんなことを知らない私たち。7デッキまで徒歩で。

さらに、延々続く廊下を歩いて、ようやく部屋に到着。
部屋の前には既にスーツケースが届けられていました。




こちらが私たちが6日間過ごすマイホーム。




荷物の整理もせず、さっそく11デッキにあるバイキングレストラン『ウィンジャマーカフェ』へ。




軽食をいただきます。











しかし、考えることは皆同じようで、座るところがないほどに混雑しています・・・Σ(=ω= ;)ゲッ!!!!




軽食をいただくとすぐに本日最初のイベント。
総額500ドル相当のスパクーポン券が当たる大抽選会が15時15分から始まります。

船内新聞で目ざとく見つけた嫁さま。さっそく参戦します。


これも大勢の方が参加されています。
残念ながらわが家は1ドルのクーポンも当たりませんでした・・・



16時からは避難訓練。乗客全員が参加しなければなりません。



そうこうしていると、出航時間が近づいてきます。


出航は16時30分。
避難訓練を終え、急いで12デッキに向かいます。


埠頭では、横浜市消防本部の鼓笛隊が演奏して見送ってくれました。




船は汽笛を鳴らし、静かに離岸していきます。



私たちは見晴らしがいいところへと12デッキにあがりましたが、出航を楽しむなら避難訓練が行われた4デッキのほうが、見送りに来てくれた方々の顔が見え、音楽もよく聞こえ、より楽しめたかもしれません。


次回は出航後について、です。

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(1日目)

16時30分に出港すると、17時からもうイベント。



こちらは本日の船内新聞「CRUISE COMPASS」です。

イベントなどはこの新聞で確認します。















ドリームワークス セイルアウェイ・ダンス・パーティーがプールデッキで開催されました。












21時30分からは、シアターでモニーク・デハニさんの歌謡ショー。






22時45分からは、ロイヤルプロムナードでアイランド・フレンジー・パレード。




















部屋に戻ったのは深夜の0時になってからでした・・・
||寝室|Ю (つc_,- 。)ノ"=зオヤスミ-。.:*:・'☆

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(2日目)

クルーズ2日目となる5月2日(土)

船は和歌山沖を進んでいます。




今日はとってもいい天気♪
海が青いです!





本日の船内新聞でイベントをチェックします。
















スケートリンクを最初に船に設置したのは、ボイジャーだそうです。

そのため、ボイジャーの名付け親は、サラエボオリンピック(1984年)、カルガリーオリンピック(1988年)二大会連続金メダリストのカタリナ・ヴィットさんだそうです。

アイススケートショーの会場は大きくはないので、3600人が同時に見ることはできません。
乗船時に見学日を割り当てられました。
私たちは2日目の今日でした。

楽しみにしていたアイススケートショーでしたが、船内新聞で、機械故障のため中止が掲載されていました・・・



今日、最初に見学に出かけたのは、こちら。

9時30分からの「船の知識講座1回目」です。

JTB旅物語の社員で、商船会社の営業職から転職されたコジマさん(?)が、分かりやすく解説してくれました。







11時からは、BINGO大会。

カードは販売方式で、4枚セットで32ドル。

商品には、スィートルームへのグレードアップもあるそうですが、さすがに32ドルを払う気にはなれず、不参加・・・




21時30分からは、ドリームワークス ライオンのアレックスとスペシャルダンスがロイヤルプロムナードで開催。




引き続き21時30分から70年代ディスコパーティー。









22時30分からは、ラ・スカラ・シアターでブロードウェイ「リズム&ライツ」のショー。

進行は、会話がとても楽しい日系のフラビオと、スタイル抜群、笑顔が可愛い舞歌さん。
この2人の掛け合いは、息もぴったり。楽しい会話で進みます。






















今夜も部屋に戻れたのは深夜でした・・・

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(部屋の紹介)

さて、ここで私たちが泊ったお部屋を紹介します。


私たちが申し込んだのは、一番安いスタンダード内側窓なしです。


こちらがそのお部屋。
さっそく入りましょう!




ん?部屋が明るい??




なんと、ベランダがあるではありませんか!?


どうやら、アップグレードしていただけたようです。
(出発前に届いた部屋番号と船内マップから、もしかしたら海側の部屋?と薄々感じていましたが、実際に部屋に入るまで期待はしていませんでした。)



部屋はコンパクトながら、収納たっぷりです。









ドライヤーは引き出しの中に入っています。





コンセントは、日本の電化製品がそまま使える口です。(電圧が異なりますので、注意してください。)





冷蔵庫にはこれだけの飲み物が入っています。
飲んだ分だけ後で請求されますので、ご注意を。





電気ポットも置かれています。





こちらはサービスでいただけるお茶。





クローゼットもたっぷり収納することができます。




ハンガーもこれだけあれば十分です。





こちらはトイレ&シャワールーム。





こちらも、端の鏡の裏が収納になっているので、歯ブラシや洗面具などはこちらに収納します。





こちらはシャワールーム。
リンスインシャンプーと石鹸は備え付けられています。





6日間のわが家、とても快適に過ごすことが出来ました。

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(動画 その1)

初めて動画に挑戦してみました!

ボイジャーの魅力が伝わるかな?


映画『シンデレラ』

今日は、映画『シンデレラ』を見てきました。


『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(動画 その2)

動画第2弾です。

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(動画 その3)

動画もついに最後のアップです。

今回は観光地を中心にアップしました。


映画『イニシエーション・ラブ』

80年代を舞台に、懐かしい曲、懐かしい流行。

そして、最後には驚きの展開!

じっくり日付を覚えて、最後の5分を迎えてください。



『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(3日目)

5月3日(日)

クルーズも3日目。

ついに済州島近くまで来ました。




まずはクルーズコンパスでイベントチェ~~ック!!!!!
















いよいよ港に近づいてきました。




済州港国際旅客船フェリーターミナルに到着。
13時近くに下船。




バスに乗りこみ、事前に申し込んでいたOPの『世界遺産 城山日出峰と城邑民俗村』に参加します。




まずはお土産物屋さんに立ち寄ります。




城山日出峰に到着。
しかし滞在時間が短く、山頂まで見に行くことはできませんでした・・・




続いて城邑民俗村へ。
ガイドの案内で回ります。

こちらの おばちゃん ガイドさん、超有名人だそうで、このおばちゃんにガイドしてもらえた私たちはラッキーだったそうです。




五味子茶を試飲させていただきました。




観光後、港に送ってもらいます。




近くで見ると、やっぱり大きいなぁ~!





19時30分からは、お待ちかね、ドリームワークス ムーブイット!ムーブイット!パレードがロイヤルプロムナードで開催されました。













22時30分からはラ・スカラ・シアターでジョン・テイラーさんのマジックショー。







今夜も部屋に戻ったのは深夜となってしまいました・・・

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(お食事編)

さて、ここらでボイジャーでいただくお食事などをご紹介します。


私たちは3食ともサファイアダイニングでいただきました。





バイキング形式のウィンジャマーカフェは席取りが大変ですが、こちらは順番に席に案内していただけるので、お気に入りでした。





まずは朝食。

サラダやフルーツはバイキングで好きなものを好きなだけ。






こちらにはご飯やお粥もあります。

(ただ、日本のお米ではないようで、パサパサした感じです。)



メインはこちらのメニューから、好きなものを好きなだけ注文します。




こちらはフレンチトースト。



スクランブルエッグ。



グラノーラ(かな??)



エッグベネディクト(だったかな??)






続いて昼食





ロイヤルビーフバーガー。



イカのサラダ。



タンドリーラムの串焼き。




食後のデザートもあります。









夕食。

夕食は17時30分からと20時からとの2部制になっていて、上級クラスの方が17時30分。私たちは20時からの遅い組です。

夕食は座席指定で、シーパスカードにテーブル№が記載されています。



こちらのメニューから好きなものを好きなだけいただけます。(ま、そんなに食べられませんが・・・)




こちらはエスカルゴ。かなりの頻度で夕食の際には注文していました。



ポテトスープ。



ニューヨークストリップステーキ。
とっても美味しかったです♪(もう1枚頼べばよかったと後悔しています・・・)



サーモンフィレ。(?)



キッシュ(???)



※自分の頼んだものは覚えてるんですが、嫁さまが頼むのは自分の知らないものばかりで、よく覚えてません・・・



デザートはこちらのメニューから。



コーヒーは無料ですが、デザートメニューにあるエスプレッソやカフェモカなどは有料となりますのでご注意を。
ちなみに、ウェイターが指をこする仕草をすると、「有料ですよ?」という意味なんだそうです。













『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(4日目)

5月4日(月)


今日は長崎観光。
船も長崎の近くまでやってきました。





今日のクルーズコンパスはこれ。














ボイジャーは長崎女神大橋を通過します。
歓声と拍手がわきあがります。





10時前に長崎松が枝国際ターミナルに接岸、11時にようやく下船。




済州島からの帰国となるので、全員が下船をしなければならないそうです。
ここで入国手続きを行います。





OPツアーを申し込まなかったわが家は、自由行動。市電で移動します。




まずは昼食を食べに思案橋へ。


ここ思案橋ラーメンは、あの福山雅治さんお気に入りのお店だそうです。



1時間ほど待たされてようやく店内に。

なるほど、お店の中にはサインがぎっしり!




福山さんお気に入りの爆弾ちゃんぽんをいただきます。



爆弾とは、真ん中に載せられたニンニクの塊です!



ラーメンをいただいたら、再び市電に乗って出島へ。




フェリーターミナルに戻るのも市電。








シーパスカードを見せて乗船です。







18時に出港。
学生さんの演奏で送り出していただきました。





19時からラ・スカラ・シアターでロイヤルカリビアンシンガー&ダンサーによるミュージック・イン・ピクチャーが開催されました。




進行はおなじみのフラビオと舞歌さん。
舞歌さん、今夜もドレッシーです。











そして今日も楽しい1日が終わっていきます。

忘れたころの洗車・・・

昨年の秋に購入したこちらのコーティング。




ようやく使うことができました。

(つまりは、昨年の秋以降、ようやく洗車をした・・・ということなんですが・・・汗)



空のスプレーに原液を入れて、水で5倍に希釈。
洗車を終えたボディーに、濡れたままの状態でスプレーし、たっぷり水をふくませたスポンジでのばし、それが終わったらまたまた水で洗い流す。

たったこれだけ!超簡単!


あとはどれだけ効果が持続するか・・・ですね。

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(5日目)

5月5日(火)


船は鹿児島を抜け、四国沖に差し掛かっているようです。



今日は終日航海。


今日のクルーズコンパスはこれ。














いよいよ明日下船ということで、9時から下船説明会が開催されたので、それに参加。




11時30分から、船の知識講座2回目。



15時からは、プロのマジシャンによるマジック講座。




このマジシャンの方、マジック講座の数時間前に、図書室で子供たち相手にマジックを披露していて、たまたま通りかかったのでじっくり見させていただきました。


隣で見ていても、さっぱり種も仕掛けも分かりません・・・???



16時からは、レッツ!フラッシュ・モブ・ダンス2回目。



ダンスショーかと思いきや、皆でダンスを覚えましょう!という企画でした。



19時からはフェアウェル・ショータイム。



最後はスタッフが数十人壇上に上がって 『マッタネー!』 のご挨拶。




その後の夕食でも、ウェイターさんや調理人さんたちの大合唱♪


最後は海援隊の贈る言葉。乗客も一緒になって大合唱♫


最後の夜も楽しく更けていくのでした。

『ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く憧れのクルーズ★済州島・長崎6日間』(最終日)

5月6日(水)


楽しかった5泊6日。
あっ!という間に終わってしまいます。


ボイジャーは既に東京湾に入っているようです。




しばらくするとベイブリッジが見えます。


つい6日前にはあの側から出港したんですねぇぇ・・・



東京湾アクアライン海ほたるを船上から。



こちらには羽田空港。



真上を飛行機が離陸していきます。




レインボーブリッジをくぐれないボイジャー。
大井水産物埠頭に接岸します。



和太鼓でお出迎えしていただきました。




下船も客室クラスごとに。
上級客室から順に下船していきます。

下級客室の私たち。のんびり下船時間まで堪能してから下船します。



偶然下船のお手伝いをしているフラビオに遭遇。
一緒に写真を撮らせてもらいました!



さあ、ついに船を下りるときがきました。



今度はいつ乗れるんだろう?



あちらの倉庫でスーツケースを受け取り、入国手続きや税関の申告を行います。



このアングルの写真、いろいろな方のブログで拝見しましたが、ああ、この場所だったんですね!



シャトルバスで品川駅まで送っていただき、流れ解散です。




品川駅の構内で昼食。

やっぱり和食をいただいちゃいました(笑)



ジュニアのある生活

◎マイジュニア紹介◎
◎キャラバン記録◎
◎オプションあれこれ◎
◎アイテムその後・・・◎

★アウトドアジュニアと
ジュニアリボーンを見比べる★


2007年5月6日ブログ開設
2008年5月12日ジュニア納車

プロフィール

HEY

Author:HEY
1967年生まれ
神奈川県在住
妻1人・両親・愛犬1匹

◎マイキャンカーの紹介◎
車名:アウトドアジュニア
ビルダー:リーエキスポート
名前:えすかる号
英語名:S-car Go
愛称:湘南じゅにじゅに

最近の記事+コメント

まとめプラグイン

04 | 2015/05 [GO]| 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

リンク一覧

このブログをリンクに追加する

ユーザー別リンク

検索フォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村






コメントの表示について

ブログ管理のため、コメントは承認されるまで表示されません。(ブロともさんは、承認前でも表示されます。)

ブロともになる
※ブロ友は定期的にブログにコメントを残してくれた方に承認します。

ブロとも一覧

★楽天アフィリエイト★



カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright © HEY