FC2ブログ

●発電機、どう使ってるの?私はこう使っています。

24Aを生み出す発電機が車載されているおかげで、オール電化となっているジュニアくんです。

さて、その発電機、いったいどのように使っているのでしょうか?
ここで、私の使用方法をご紹介します。


① ダイネット部のエアコンの使用
ジュニアのベース車は、ライトトラックです。当然車のエアコンは運転席にしかないため、後部のダイネット部を冷やすためには、家庭用エアコンを使わなければなりません。(ちなみに暖房はオプションになりますがエアヒーターがあります。しかし、このエアヒーター、走行中は使えないようです。そんなときでも家庭用エアコンなら大丈夫。暖房としても使えます。)


② 電気温水器でお湯が沸きます
このお湯、飲料用には適しませんが、冬場の洗い物など、とっても助かっています。また、このお湯のおかげで、車内でシャワーを浴びることもできます。


③ 電子レンジでお弁当もホッカホカ♪
途中、スーパーで買ったお弁当やお惣菜。その場で温めなくても、いただく直前でチンすることができます。



①~③、すべてを同時に使うのは、電気の容量的に止めたほうがいいと思いますが、2つを同時に使うことは問題ありません。このように、サブバッテリーでは到底賄えないような使い方ができる、それが発電機の最大のメリットです。


一方で、発電機については、その是非がマナーとともに議論になることがあります。

実際に使えるのか、どう使っているのか、気になる方のために、私の使用方法をご紹介します。


さて、私の場合の発電機の使用ですが、出発時(大概、夜間出発)に発電機をスタートさせます。と同時に、エアコンと電気温水器を稼働させます。

この状態で、その日の宿泊地に移動。到着したところで発電機を止めますが、その時にはダイネットは適温になり、お湯も沸いている状態になります。電気温水器は保温機能があるので、スイッチを切っても、一晩くらいは適温。2日3日は温かいお湯が出てきます。

これなら走行中に使用しているわけですから、迷惑を最小限で抑えることができているのではないか、と思っています。(ちなみに、ジュニアの発電機はスターターでエンジンがかかります。当然バッテリーが搭載されているため、適時に発電機を回さないと、このバッテリーがあがってしまいます。)

また、宿泊地で車を止める場所も、隣近所に車が止まらないような場所、トイレや施設から少し離れた場所を選んでいます。


このように、走行中での稼働ができるのも、設計当初から発電機を前提に作られたキャンカーだからでしょう。

家庭用エアコンを車載するキャンカーは増えましたが、発電機の使用を前提に作られているキャンカーは、私の知る限り、リーエキスポートが解散した今、マックレーとキャンピングワークスの2社だけだと思います。

●忘れたころに

今日は久しぶりにジュニアくんを洗車。

前回洗車したのはいつの頃やら。

●キリ番、ゲッチュー!

本日、ジュニアが納車されて3000日たちました。

3000_01.jpg


ま、だから何?って感じでもありますが・・・

オイル交換

今日、ジュニアに積んでいる発電機のオイル交換をしました。

リー社推奨は、100時間だったか150時間だったか・・・汗
それか6か月での交換、とのことでした。

我が家では、オイルを、100均で買ったドレッシング入れに入れて給油しています。

★逝ってしまいました

実は、年末のお出かけで気づいたのですが、ジュニアくんの発電機のバッテリーが逝ってしまいました。

ジュニアくんは、発電機についているバッテリーのおかげで、車内からエンジンをかけることができます。

バッテリーが逝ってしまったので、その後のお出かけでは発電機を動かす際には外に出て、リコイルスターターで回していました。


無くなると分かるその有難さ。
まさにその通りで、車内から発電機を回せることのありがたさを実感しました。


ようやく発電機のバッテリーを交換。

ジュニア乗りの重鎮「幹事長」のキャンピングカーアウトドアジュニア道というHPが大変参考になりました。


さっそくその通りに作業を開始!


最大の難関は、バッテリーが発電機の後ろ側に収められているため、どうやって発電機を作業しやすい位置に取り出すか、です。



幹事長のHPのとおり、板を下にかませ、ムジムジと移動させます。


しかし、ここで大きな誤算が。


発電機・・・重っっ・・・



どうにか作業しやすい位置に。




後ろのカバーを外せばそこにバッテリーが鎮座しています。



2016_0123バッテリー交換0004



新しいバッテリーに交換したら、試運転。
無事エンジン始動!

最後にカバーを戻して、またウンコラショ、ウンコラショともとに戻して、終了です。



(試運転の際、発電機の下敷きにしていた板の上にボルトを置いていたら、発電機の振動でボルトが飛び散り、探すのに苦労したことは内緒です。)

★大当たり!!

昨年末にお風呂納めでお邪魔した秩父のお風呂「星音の湯」。


帰り際、嫁さまがアンケートを書いていました。


すると、先日このようなものが届けられました。


なんと入浴券です。


また秩父のお風呂にお邪魔しようと思います♪

●もお終わりだね・・・

もお終わりだね・・・

きみが小さく見える・・・





そお、ようやく終わりました。

ジュニアのローンが!

これで正真正銘、マイジュニアとなりました。


この後は、次期車のための積立をコツコツ貯めていきたいと思います。

今日で納車から2500日

そう、今日は納車から2500日目です。

5000日を目指して、大切に乗ろ~っと!

発電機のオイル交換

今日は、発電機のオイル交換をしました。

リー社が推奨していたオイルは、レッドラインのオイル。



今まではリー社で購入して、そこでオイル交換もやってもらいましたが、リー社解散した今は自分で購入し自分でオイル交換しなければなりません。

前回リー社で購入したオイルが使い終わったので、次回の交換までに手に入れなければなりません。

じぇ~ん国のアウトドアジュニアファァ~ンの皆しゃぁ~~ん♪

リー社長の急逝、リー社解散で、アウトドアジュニアを二度と手に入れることはできないと諦めていました。





しかしっ!









しかしっっ!!










案山子(かかし)










しかぁ~~~しっっっ!!!





同じオール電化キャンカービルダーのキャンピングワークスで、ジュニアのコンセプトをバネットに搭載したキャブコンを制作中です。

その名も 『ジュニア RE:BORN』


ジュニアオーナーが多数参加するSNS「車旅人」では、既に話題になっていましたが、当ブログでも報告させていただきます。


現在シェルが載った状態で、内装工事に移っているようです。

どこまでアウトドアジュニアに迫れるか!?
正式発表が楽しみです。


詳しくはキャンピングワークス開発部じぇね男のブログで。

ジュニアのある生活

◎マイジュニア紹介◎
◎キャラバン記録◎
◎オプションあれこれ◎
◎アイテムその後・・・◎

★アウトドアジュニアと
ジュニアリボーンを見比べる★


2007年5月6日ブログ開設
2008年5月12日ジュニア納車

プロフィール

HEY

Author:HEY
1967年生まれ
神奈川県在住
妻1人・両親・愛犬1匹

◎マイキャンカーの紹介◎
車名:アウトドアジュニア
ビルダー:リーエキスポート
名前:えすかる号
英語名:S-car Go
愛称:湘南じゅにじゅに

最近の記事+コメント

まとめプラグイン

09 | 2019/10 [GO]| 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

リンク一覧

このブログをリンクに追加する

ユーザー別リンク

検索フォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村






★楽天アフィリエイト★



カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright © HEY